×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チャットコラム
〜ポケモン(前編)〜
※この内容は収録日である2008年10月11日時点でのものです


パーソナリティ:

一番好きなポケモンアニメは、
無印14話「でんげきたいけつ!クチバジム」
:作戦参謀M
一番好きなポケモンアニメは、
AG129話「そして…負けられない戦いは続く!!」
:シルド


ゲスト:

一番好きなポケモンアニメは、
無印14話「バイバイバタフリー」
:リョウ(蟲師)

シルド
 「なんだかんだで第3回>< チャットコラム、まだまだやります!」

シルド
 「お相手は毎度おなじみシルドと管理人の参謀M、
そして今日のゲストは・・・リョウさんです(  ω )」

シルド
 「お題が大雑把だけれどネタ切れとかそんな訳じゃ決して無いんだからね///////
ポケモンについてならどうでもいいトリビアまで知ってそうな精鋭でお送りしているんですよ!!!
そもそもポケモンとは・・・ ポケットモンスター (POCKET MONSTERS) は、
株式会社ポケモン(以前は任天堂)発売のゲームソフトの名前であり、
その作品に登場する架空の生き物の総称であり、」


リョウ
 「いきなりどうしましたww」


参謀M
 「シルドさんは放置して、プラチナの話からしましょうか、大会も近いですし。 (収録10/11)」


リョウ
 「そうしましょう(ぁ」


参謀M
 「とりあえずGSC、見込みより参加者が少なかったのは少々厳しかったですね。
最後の特殊な96ルールが難しかったとの声があったので若干反省;」


リョウ
 「まぁ、難しいですからねー。でもいろいろな駆け引きがあってすごく楽しいんですけどねw」

リョウ
 「プラチナの話といえば教え技は大分環境を変えましたねー」


参謀M
 「教え技はダブルに与える環境の方が大きそうですよね。熱風とか狙ったとしか思えないw」


リョウ
 「熱風サンダーとか聞いてません>< こご風クレセとかおっかないですわ。」


シルド
 「鳥ポケモン全般が覚えるけど何なの?焼き鳥なの?」


リョウ
 「ムクホーク の ねっぷう!」


参謀M
 「広場(ポケモン!ダイアモンド&パール広場)で熱風ムクホに出くわした件www」


リョウ
 「マジカwwww プラチナ厨もいいとこr(ry まぁ、熱風クロバあたりはまだ実用範囲内・・?」


参謀M
 「凍ってるこちらのフシギバナに熱風打ってきて凍りを溶かしてくれました^^」


リョウ
 「なんというサポートw」


参謀M
 「フォレにムクホがきたので、バナを犠牲にしようとしただけなんですがw」

参謀M
 「シングルだとトリックでしょうか、あとはついに三色P解禁・・・!」


シルド
 「エスパータイプ全般とポリゴンZやトゲキッスが覚えるけれど 特殊エースの大半を受けれるハピナスの行動を制限させる作用があるから困る。」


リョウ
 「もともとハピは上手に使えないのですがw スカーフハピはステロやら定数やらで簡単に突破できそうですねw」


参謀M
 「トリックは奇襲の部類に入るので、HIRO's杯で特に使えそうですよね〜」


リョウ
 「グロスのトリックでドリル嘴しか出来なくなる無道の姿が目に・・・」


参謀M
 「あとは、マリルリ。アクアジェット+冷凍P+馬鹿力を全部覚えるようになってしまいましたね。
プラチナ直前に育成しておいて勝ち組だったw」

リョウ
 「マリルリですかw あれはおっかないですな。マリルリは微妙に耐久があるのが嫌なんですよね〜」


参謀M
 「眠る持ってると、ミロでも対処できるか微妙ですよね(」


リョウ
 「眠るマリルリ!?そんなのがいるんですか!俺のメザ電ミロで返り討ちにしてやるっ・・・」


参謀M
 「んー、DP時代に何度か出くわしましたね。でもプラチナではフルアタ率が高そうですけど^;」


シルド
 「受けを受けるマリルリですね、わかります><」


リョウ
 「みがきあが多い気がするんですがねw あいつの後手身代わりは中々厄介です^^;」


シルド
 「RSからずっと居るなその型www」


参謀M
 「マリルリと並ぶ台頭を見せたのは、ハッサムですかね。この二匹を両方入れると何か強い気が( 」


リョウ
 「ハッサムはもうエフェもかっこいいわ。バレット強いわで最高です><b」


参謀M
 「フォレで地震しても羽休めで回復されて、その間に剣舞3積みされて、挙句バレパンでサルが落とされました^^」


リョウ
 「剣舞ハッサム、絶対強い・・・
あれですね、ヒードランへの強力交代読み馬鹿力も注目してます。瓦割りじゃ火力不足だったので。」


参謀M
 「あぁ、馬鹿力きたらヒードランも危ないか、とりあえず素早さ種族値でヒードランのが速いのが救いか。
でも剣舞して実はバトン型とかが怖いですね;」


シルド
 「(  ω )」


リョウ
 「ハッサムはいっぱい持ってるんですが、バトン型は所持して無いんですよねー」


参謀M
 「遺伝の関係で親が別だからとかそんな理由でしょうか?」


リョウ
 「いや、なんとなく使いづらい気がしまして・・・」


参謀M
 「でも初登場の金銀時代は虫技が無くてメザパ粘るしかなかったのが、RSで銀色の風を取得。
それがDPではシザークロスやとんぼ返り、プラチナではバレパンから馬鹿力と作を重ねるごとに技が充実してゆく・・・」

リョウ
 「めざ虫ハッサム使ってましたよww」


参謀M
 「粘ったんですかwwww」


リョウ
 「ハッサム大好き人間だったのでww」


参謀M
 「私はあれです、プラチナ直前にRSでパラスを孵化してたらメザ虫が生まれました(( 」


リョウ
 「パラスw何故にw」


参謀M
 「種爆弾が教え技になると発表されていたので先取りして育成をw
結果的に、プラチナでの捕獲要員にもなりましたがww」


リョウ
 「あぁ、種爆弾ですか。そーいえばピカ様が種爆弾覚えなくて涙目www」


参謀M
 「リスが覚えるんだからネズミも覚えると思ったら覚えないという(( 」


リョウ
 「電気リスに出来て、何故電気ねずみに出来ない( 」


シルド
 「(´ ω `) 」


リョウ
 「あれ?シルドさんが空気に(( 」


参謀M
 「最初から居なかったと思いますよ?」


リョウ
 「wwwwww」


参謀M
 「プラチナはこれから色々と大会が開かれると思うので、そこでどんな感じになるかですよね。
どこまで環境が変わっているのかいないのか。」


リョウ
 「やはりダブル中心でしょうか。」

参謀M
 「ダブルの大会のせいなのか、シングルが大きな変化がなさそうに思えるせいか、追い討ちバグのせいか、シングル熱が下火ですよね;」


リョウ
 「ですねー、まぁそれでもシングルは面白いですけどね!」


参謀M
 「ホント、面白いハズなんですけどね><; あと、触れなきゃいけないのはロトムかww」


リョウ
 「Wi-Fi対戦で使えないのはww」


参謀M
 「バトルフロンティアでも使えないそうです(ry 」


リョウ
 「mjsk・・・」


参謀M
 「フォルムチェンジに期待して発売前にロトム孵化してた人はみんな涙目な構図に( 」


参謀M
 「そろそろ空気濃度上がってもいい頃じゃね?」

シルド
 「この流れで何を言えばいいんだよ^p^」


参謀M
 「ではここで数分インターバル代わりに、リョウさんにはミロカロスの魅力を語ってもらいましょうかねw」

シルド
 「いいね! 言葉のキャッチボール!すばらしいよ!」


参謀M
 「好きなだけ語ってくださいww」

リョウ
 「ちょwwwいきなりww」


参謀M
 「ギョーカイ用語でいうアドリブです><」




リョウ
 「ミロカロスは本当に綺麗!」

リョウ
 「ミロカロスは本当に美しい!」

リョウ
 「ミロカロスは俺の嫁!」




リョウ
 「って、せっかくのチャットコラム何言わすんですかw」


参謀M
 「いやいや、シロナさんも本当に綺麗で美しいから大丈夫ですよ^^
ギンガ団襲撃見て思考回路がショートしました(( 」

リョウ
 「力ずく?私は嫌いじゃないわ( かっこいいですねw」


参謀M
 「そのフレーズが次の日に頭の中で自然リピートしてましたorz」

リョウ
 
「wwww」

リョウ
 
「はとうよりきたれ!トリトドン!」

参謀M
 「“波濤”という単語を初めて聞いたので辞書で調べました〆(。。」

参謀M
 「とりあえずシロナさんPTはキッスよりぽわーぉの方が安定します。」

シルド
 「PCのディスプレイに蚊が止まってる(  ω )」


リョウ
 「キッスの方がぱっと見強そうなんですけどねw」

シルド
 「これはどうすればいいんだ、叩くとディスプレイ汚れるしそれ以前にPCを叩くとか^p^」


参謀M
 「ただ、シロナさんPTは催眠使いが多いからプラチナのあおりを受けましたね;」

シルド
 「ところで俺はさっきから何をいっているんだ?」


参謀M
 「何も言ってないし何も聞こえない^^」

リョウ
 「wwwwwww」


参謀M
 「リョウさんがシロナさんの魅力を分かってくれるということが判明しました。」

リョウ
 「シロナさん素敵じゃないですか! 年齢的に俺の守備範囲ではありませんが( 」

シルド
 「誰か俺に振り向いてくれ!!!」


参謀M
 「年上のお姉さん好きです><」

リョウ
 
「っキクノ」

参謀M
 「熟女は興味ないです><;」

シルド
 「ばばあ結婚してくれ!」


リョウ
 「キクノとキクコはなんか関係あるんですかね〜w」


参謀M
 「明らかにありそうだけど、何も無かったらウケるw
アニメも丸2年を終えて、バッヂ4個。AGの同じ時期ではバッヂ6個でグラカイ(その次の話が7個目のジム)終わってたんですよね〜」

リョウ
 「グラカイかー懐かしいなー」


参謀M
 「この調子だと年内でバッヂ5個、来年一杯でバッヂ8個、再来年がシンオウリーグでしょうか?」

シルド
 「大分遅いけれど 中身が濃いから遅さを感じさせないよね〜」


リョウ
 「まぁ、ゆっくり楽しんでいきますかねw」

シルド
 「改めて振り返るとこの2年だけでも相当な量の複線があるよね。」

参謀M
 「何かと逆算してしまう私、大人の汚さです(( 」

参謀M
 「いつかくるであろうシンジ戦はシンオウの旅のポケモンだけで戦うのがフェアだと思ってたら、
いつの間にかシンジは昔のドダイとか呼び戻してるしなぁ( 」

リョウ
 「グライオン対決見ものですな^^」


参謀M
 「群れのボス対おちこぼれの対決ktkr 某サイヤ人『おちこぼれだって努力すればエリートを越えるかもな!』」

リョウ
 「サトシのグライオンは可愛すぎますよw」


参謀M
 「グライガーの時は嫌いだったけど進化したら印象が良くなった件w
オーキド博士『グライオンは素早さを中心に育てると良い。』 まぁ、有りといえばありか。」

リョウ
 「俺のグライオンも素早さ調整はしてます!」


参謀M
 「最速リキー抜きw」

シルド
 「最速リキ抜き調整でギロチンですねわかります。」


リョウ
 「な、何故分かった( 最速意地っ張りグロス調整もあったかなw」


参謀M
 「リョウさんは同じ種類のポケモンを何匹も育てすぎww」

リョウ
 「そうなんですよねー、グライオン、ハッサム、ミロカロスは二桁いますね。ギャラドスもいますね。」


参謀M
 「実際、全部使ってるんですか?w」

リョウ
 「色違いの子は使ってませんねw ダブル用はそこまで使わないです。
実際使うのは(ミロの場合)4〜5体でしょうか。」


参謀M
 「宝の持ち腐れww」

リョウ
 「最近ガチバトルばっかだったのでねw」

参謀M
 「色ミロは公式で配布になりましたね〜」

リョウ
 
「ですですw楽しみですね〜」

参謀M
 「あれでみんなが個体粘って、Wi-Fi対戦界が金ミロだらけになったらどうするんだろうwww」

リョウ
 「俺の色ミロカロス涙目www」


参謀M
 「色ミロカロス持ってる人〜」

参謀M
 「 ノ 」

リョウ
 「 ノ 」

シルド
 「(  ω )・・・ 」


リョウ
 「あれ、シルドさん・・?」

参謀M
 「リョウ :あれ、シルドさん・・?」

シルド
 「何だろう小学校のころ1人だけ流行のおもちゃをもっていなかったみたいなこの気持ち( 」


リョウ
 「ぇー色ミロカロス持ってないのー」

シルド
 「もって無いです^o^」


参謀M
 「幼女A:ねぇねぇ、シルド君ってば色ミロカロスもってないらしいよー
幼女B:えー、信じられなーい^^」

リョウ
 「幼女www」

シルド
 「(´ ω `) なんなの、コロコロと待遇が変わるんだけど。今日は弄られてればいいの( 」


参謀M
 「せっかくのゲストの前でそんなんでいいのか!」

シルド
 「うぉぉぉぉぉぉぉ(  ω )!!!」


シルド
 「じゃあ俺も喋らせてもらいましょうかね〜
プラチナになってもう半月以上たったけれど、いまだに新戦術でこれはやられたって経験が無いのはどういう事なんだろ(
禁忌に近いおいうちバグなんてものがあるけれど、これは今後ルールで縛られていくだろうし( 」


リョウ
 「トリックはまだ経験して無いですね。まだ対戦数が少ないからだけど( 」


シルド
 「トリックは面白そうではあるけれど、いまいち戦術に組み込めないんですよねw」


リョウ
 「トリック&ソーナンス・ダグトリオは面白そうですよー」


参謀M
 「自分から出していけないのがやりづらいですね。ハピ相手にタミーだしたら明らかにバレるし。」

リョウ
 「トリックは結構危険なパターンもありますけどね。
グロスがスカーフをスカーフジバに与えてしまって逆に縛られたりとか。まぁ極端なパターンですが。」

シルド
 「あ〜その手もいいけれど2体使って2ターンかけて相手の攻撃も受けなきゃいけないわけだからハイリスクですな〜」


参謀M
 「この前、相手のタミー相手にフシギバナだしたら、スカーフと黒いヘドロが入れ替わりました( 」

リョウ
 「なんという自虐スターミー・・・」

シルド
 
俺もゲンガーでそれ経験あるw」

リョウ
 「スターミーにかえんだま持たせてトリックとか面白そうじゃないですか?w」


参謀M
 「初手か死に出し以外で出したら持ち物バレるのがw」

リョウ
 「スターミー の からげんき!」


参謀M
 「www」

シルド
 「トリックは相手によって活躍の幅にムラがあるから、やはりさっき参謀が言ってた通りトリックは96向けの技なのかなw」


参謀M
 「なりきりタイプ一致からげんきw」

シルド
 「スカーフヘラとかえんだま交換されて涙目になるんですね、わかります><」

リョウ
 「トリックはあれですか、発売当初は環境が変わるとかいろいろ言われてた割りには、そこまで環境を変えないかもしれませんね。」


参謀M
 「使いこなせる人には使いこなせるのかもしれませんですけどねw」

シルド
 「やはり今回は戦術の幅が広がったという感じで、シングルの環境を大きく変えるようなものは無いんですかね〜」


リョウ
 「逆鱗マンダはそこまでって感じですけどね^;」

シルド
 「逆鱗が無駄に沢山氾濫して吹きましたw オコリザルが覚えるとかw」


参謀M
 「破壊力は半端無いけど、コントロール不能なのがそこまで普及してない理由でしょうか?」

シルド
 「逆鱗マンダにはグロス出して冷凍パンチですね^p^」


参謀M
 「そういう意味ではPTに鋼一匹欲しいなぁ。」

リョウ
 「ですね、鋼の需要はダイパより上がってるかと。」

参謀M
 「バトルレコーダーのログを見てるとハッサムのせいかジバコ率が上がってる気がした。」


シルド
 「銅鐸で後攻の尻尾トリックとかも面白そうだなぁw」


リョウ
 「自分は(ドータクンには)パワーリストトリック考えてました。」


参謀M
 「黒い鉄球とかもね。」

リョウ
 「ジャイロの威力も上がって一石ニ鳥かなーと。」


参謀M
 「ギャラとかに渡せれば地震当るしw」

リョウ
 「ぁ、そういうことですか(  でも自身が地震当たるのが微妙かも( 」


参謀M
 「基本的には素早さ半減狙いですよw そうなる前に(ry」

リョウ
 「ギャラに地震当てたところで、ドータクンの攻撃じゃ( 」

参謀M
 「むしろギャラとかグライオンの飛行を消して、後々誰かがって感じですかね?」

リョウ
 「ガブリアスエースのパにどうぞ! なんか重力みたいな使い方ですがw」

シルド
 「それもそうだ( ギャラに渡す前に挑発されたりも( 交代読みじゃないときついな〜」


参謀M
 「こうやって考えてもトリックは難しい><」

シルド
 「冷凍パンチはどうなんだろう?アグノムとか覚えたりするけれど。」


参謀M
 「某一撃厨さん曰く、ガブとか倒すのにいいとかのこと。ただ、剣舞とか覚えないからハピ倒すとかは無理だと思う。」

シルド
 「なんかコラムによくその名前を見るのは気のせいですか(( 」


リョウ
 「中々いいと思いますよ。ガブリアスにどーんっと。 メザ氷粘ろうとした俺にはありがたいw
ハピにはパーン(=大爆発)しちゃえばいいと思いますよw」

シルド
 「爆破オチ^p^」


リョウ
 「アクアテールを覚えてくれると嬉しかったのですが^^;
アイアンテールが使えるんだから期待してたんですけどね。」


参謀M
 「陽気/意地っ張りアグノム粘る人が少し増えそうだw」

リョウ
 「ヒードランとバンギへの突破口になれるのに・・・。よくをだせば馬鹿力( 」


参謀M
 「それは覚えすぎww」

シルド
 「物理アグノム、大文字・冷凍パンチ・大爆発・とんぼかえり、これでかつる・・・!」


リョウ
 「普通に強そう・・・」


参謀M
 「(受けるには)ヒードランいないと厄介か;」

シルド
 「う〜ん・・・しかし(プラチナで新たに実用できそうな戦術は)本当に数えるほどしかないなぁw」


リョウ
 「ですねぇ。俺は1個いまPTにプラチナの奴をいれようとしてますよw」

シルド
 「まぁ、でも言い換えればDPのシングル環境が好きだったから当たり障りのない調整でかえってよかったのかもしれませんね。」


参謀M
 「プラチナになってしまったものは仕方ないので、マリルリとか使って楽しんでます(( 」

シルド
 「仕方ないという言い方は好きじゃないな。こうポジティブに!」


参謀M
 「一応、プラチナ発売前に、アクアジェット+冷凍Pマリルリを否定していた体裁上、
手放しで喜んだら四方から批判されかねないので^;」


シルド
 「人の目を気にするなぁ!」


参謀M
 「HIRO's杯では、グロス、エテボ、マリルリ、ハッサム、ここら辺が増えるでしょうかね。」


リョウ
 「グロスは多そうですね〜」


シルド
 「かな。なんだかんだでHIRO's杯は大分変わってきそうですな〜」



(後編に続く)

>>後編へ進む